総合建設業

塚越土建ホーム

Tsukagoshidoken K.K.

PAGE TOP

沿革

馬で運搬中の写真

明治31年 初代塚越平作が現在の藤岡市森新田において建設業を創業。
水田用水の取水施設の中村堰の締切の請負(当時は、水門等がなく水を引き込むために毎年締切をしていたらしい)や用水路工事を始める。

大正12年 初代平作の死去により、長男の塚越大作が2代目として事業を引き継ぐ。

昭和 8年 まだ自動車が珍しい時代、初めてトラック(シボレー)を購入、資材の運搬の効率化を図る。

シボレートラックの写真

昭和18年 戦時下において多野郡内の全業者が統合、多野土建株式会社の名称で設立され、大作が取締役社長に選任される。(昭和21年まで)

昭和29年 法人化し塚越土建株式会社設立、同時に本社を藤岡市藤岡864番地に移転。

昭和36年 第1号のブルドーザを購入 鮎川の河川改修工事において機械化施工を始める。

昭和39年 藤岡市内の建設会社で、舗装工事の共同企業体を作りその代表となる。合材プラント、舗装機械をそろえ舗装工事の施工を始める。(共同企業体は昭和43年まで)

トロッコのレール

昭和41年 2代目大作の死去により、長男の塚越利が3代目として代表取締役に就任。

昭和51年 本社を現在の藤岡市中栗須に移転。

昭和62年 3代目が高齢となったため、弟の塚越昇が4代目として代表取締役に就任。

平成 6年 4代目が高齢となったため、3代目の長男 塚越巌が5代目として代表取締役に就任。

平成14年 ISO9001認証取得。

ブルドーザ

平成26年12月1日 ホームページ開設














昔の河川工事の写真 竹じゃかごの施工状況

河川工事 竹製のじゃかご


木造校舎の小野小学校の写真

小野小学校 特別教室 昭和36年頃
と当時の木造校舎


河川工事写真 河川工事写真

河川工事 コンクリート打設状況 ネコ車打設


河川工事写真 河川工事写真

道路工事 切土状況 人力切土 リアカー運搬 国道299号志賀坂峠付近


Designed by CSS.Design Sample